ゆうやけドットコム

ただひたすらにツクールをする人のにっき

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

Disk2制作日記2 

2011/11/17
Thu. 09:58

Disk2制作進捗!っす

ツイッターの方ではちょくちょく制作状況つぶやいておりますが、
ひどくいたって快調に、制作絶好調であります。
学生時代よりも下手したら大分さくさく進んでいるのですが、
これは制作ノウハウを手に入れたからなのか、それとも追い込まれないとやる気が出ない
地のだめだめさなのか...笑

dez.png

445045544.jpg

現在ホドパートのメインシナリオそろそろ三分の一消化しとるかな~って感じです。
目標としては今年中にホドシナリオ完成できればなんて思っています。
いけるのか!いけないんじゃないか!?...くらいの感じではあるんですが、まあ、
あの、目標は高めにね、高めに...笑

ただ最近、かなりモチベの手助け頂いているところもありまして。
そろそろご紹介してもいいのかな...とか思うので、いっときます。

グリモアDisk1の時点でイラストの制作お手伝い頂いておりましたのが、
絵師のあすださん、ドット絵師としてみやなみさん、さとさんだったのですが、
Disk2からキャラデザの方で、もうひとかたお手伝い頂いております。
先日もイラスト頂いてしまいました、tomさんにDisk2より登場します新しい敵組織"灰の紋の"登場キャラ、
そしてあるキャラクターのデザインの方をお願いしていたりしまっす。

ブラッド補足
シグルド補足

もともと、tomさんとは何かご縁があれば~!なんてお話もさせて頂いていたのですが、
ある意味にっちな敵組織の登場、そのデザインをどうするか...というところで、ここかな、と...笑
ごサイトの方でも見て頂ければ分かるのですが、カッコイイキャラのデザインに関しては
定評のあるお方です。頂いたデザインも、これぞ!って感じでして...
ぎゅんぎゅんに、モチベ頂いちゃってます笑

イラスト関係で共同制作されているツクーラーさんなら分かってくださるかと思うのですが、
キャラデザ頂くっていうのは、正直相当の熱になったりします。
変な話「このキャラをはよ登場させてえ!!!」みたいな熱が、要するに次の展開をさくさく作るための
モチベーションに直結していたりするので、そういう意味で共同制作というのは
楽しくって、楽しくて、しかたなしっす笑

灰の紋。情報だけ先行してちょいちょい出してしまっているのですが、
要するに敵の中ボス的なポジションです。
粛正会が、少数精鋭の大ボスとなってしまって、出たらもう決戦みたいな感じになってしまったので、
緩和剤ではないのですが、ある意味対象、物量でユウリ達の前に立ちふさがる敵達です。
ただのかませには決して落とし込まず、まあ出てきたら「お、きたね~」くらいな感じで、
プレーヤーさんを楽しませるようなニッチな組織に出来たらと思ってます(笑)

まあそんな感じでひとつ。
グリモアDisk2も、楽しく作らせて頂いております。

前回より引き続き、よくある質問コーナーも追記で。
よくあるというより、一個でも頂いたらお答えするコーナーです既に(゚∀。)



Q.ステータス異常(特に毒)が強すぎます!
A.グリモアではご存じ、戦闘終了と同時に異常ステータスは回復というシステムです。
 個人的にステータス異常戦闘終了後もひっぱられてしまうと、
 けっこーなストレスになるのでそういう設定にしているのですが...
 そうなってくると、毒とかがまったく驚異じゃなくなってしまうんですよね。
 どーせ回復するし、減るのもたかが知れてるし!みたいな笑

 なのでグリモアでの毒ダメージは最大HPの15%、1ターンで減る設定です。
 受けたら回復しなきゃ!くらいの感じにはそれくらい必要なのかな~と。
 ただボスに対して強すぎるというのも確かに...って感じなので、そこら辺はDisk2より
 ある対応してカバーしていこうと思います。いわゆるDisk1のボスになったオスカー的対処です(笑)

 他の異常に関してもボスによって差はありますが、全異常ある程度通るようには設定してます。
 とゆーのも、だいたいステータス異常付加の技って、雑魚には使わないじゃないですか(笑)
 せっかくの技もいざボスには効かないってのは萎えるので、きちんとDisk2でも効きます。
 意外とRPG慣れしてる方ほど、ああいう技って使わない人多いかと思うので、ぜひぜひ使ってください。

Q.グリモアの大陸の名前がセフィロトの樹を題材にした理由はなんですか?
A.雰囲気です笑
 なにかしら大陸間には統一したテーマがほしいな~とか思っていて、そういった時に、
 セフィロトの樹(でしたっけか)はものすごーく、響きが美しいなあと...それだけです(笑)
 最初はロマサガの7英雄よろしく、地元のローカル線からとろうかな~とか思っていたんですが、
 結構間抜けな響きになっちゃうんですよね(笑)「チカタワ大陸」とか、ネタゲーじゃなイカ。
 ワキサカ大陸を拠点にする粛正会とか、どこの大学の面白サークルだよ...

Q.キャラクターの名前の由来を教えてください
A.ナイナイの時は好きなアニメとかから取ってたんですけど、今回はないですかね~
 殆ど名前決めるときは響きとか、かっこよさげなので適当につけてます。
 唯一あるとしたらアズールとワルサーです。
 アズールは英語で「蒼い」って名詞なのかな、青の大陸の神様なので、蒼い。単純ですね!
 ワルサーは悪そうな街の町長なので、ワルサー。頭悪そうですね!

Q.フレイド(アクセル/ルシア)の子孫をあんなんにしやがって!
A.すんません!!笑
 もう特にヴァネッサ辺りに関しては、返すお言葉もございません...
 ただグリモアハーツがビギニングの延長線上、というよりもビギニングの完結編であると銘打った以上、
 彼らに関する物語の終わりでもあるわけです。
 抽象的な言い回しになってしまいますが、ある種のメタ的な視点にもなってしまいますが、
 「何年(作中では三百年)終えらなかった物語を、ユウリ達が終える」ストーリーです、グリモア。
 
 霧の王(ビギニングでは魔王でしたが)と神を巡る物語を完結できなかったランディ達ですが、
 ユウリ達がその意志を引き継ぐなりして、終わらせていきます。
 粛正会の面々に関しても、ただ彼らを倒すだけの物語ではなくってですね、
 彼らには彼らなりの世界に反逆した理由があって、そこをどうしていくかというのも一つです。
 バラバラに散ってしまったかつての勇者達の意思がいかに一つの終着点に着陸していくかというのも、
 一つのカタルシスではないかというのが私見です。見守ってやってください。
 あと、もう既に神様は登場していますが、ビギニングの作中に登場したメインキャラクターも、
 Disk2、もしくはDisk3より登場します。どういった形で、どう登場するかはヒミツですが、お楽しみに~!

Q.ツクールでこれだけサブイベントカットするのも珍しい気がします
A.たしかに...笑
 情報の消し忘れで皆様にはご迷惑の方おかけしてしまい申し訳ありません;
 ただ、ある程度ツクール制作で、公開みこした時に大事なのは妥協だと思ってます。
 どうしてもゆるむのは制作中盤と、制作終盤でして、そういう時にだらだらとでも入れ込めるの
 全部入れ込もうとすると、どうしても公開もだらだらに延びてしまいがちで...

 公開はここ!ここで絶対公開するから、入れられないイベントは諦める!
 くらいに考えて作ってみると、やっぱり最低限どうしても入れたいイベントってのはまず作りますし、
 Disk1みたいに入れ込めないイベントが出てしまっても、ある程度の体裁は整ったりします。
 特にグリモアは連載形式という事もありまして、そこら辺はご容赦頂けますと有り難いです!

 入れ込めなかったイベントに関しましても、形変えて他のDiskでかなえる事ができるってのも、
 連載形式の利点なのかな~とか思ってます。まだ完全カットではないので、Disk2以降をお楽しみに!

今回はここら辺で~
ほんとに皆様、たくさんのご意見ご感想、そしてこのような質問の数々、
有り難うございます!ありがたく拝見させて頂いております。
これからもどしどしお寄せください。お答えできるものに関しましては、ばしばしお答えしていきます。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kimuta327.blog99.fc2.com/tb.php/95-14d13aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。