FC2ブログ

ゆうやけドットコム

ただひたすらにツクールをする人のにっき

朝もはよから記事を書く(現在AM9時) 

2010/12/01
Wed. 09:20

ド平日なのに、今日はお休み!
卒業間近になると どっちかというと暇を持て余す日が多くなってくる。
や、そういう時に卒論とかいろいろやらなきゃいけないんだけど、
とりあえず今日は天気が良いので、普段行けてない買い物行って医者行ってから、
一日ツクールしようと勝手に覚悟完了済みであります。

こういうとき、
俺ってつまらない人間だなああって嫌でも自覚せざるをえない(笑)
卒業したら旅行とかいけないし、いきたいなーとか思いはするんだけど、
どうしても金銭面のこととか日取りのこととか、手間のことばかり先行してしまって、
まったく行動に移せない。典型的な小市民ぞ。

ていうか、もう十二月て

☆★☆

サイト再開して、もう一年くらい経つんでしょうか。
(まだら更新でしたが)結構ブログも溜まったなーとか思って、読み返してました。
いやあ 結構な分量あってなつかしーなつかしー

でも昔の記事とか読んでて、
あれ俺mixiの日記こっちに書いてたっけ?とか素で思った。
や mixiでも日記かいてないけど(笑)
今読み返してみても、身悶えするものの、おもしろさの欠片も見出すことが出来なかったので、
えろえろと 整理してみました。

ツクール関係ない記事重点的に消してみたら ページのほとんど消えたんだけど、
きっと気のせいだろう。あれは蜃気楼だったんだ…
昔自分が書いたもんで 今読み返して昔のことが思い出せるのはいいんですけども、
不特定多数に向けて発信するには値しないかなーと、いまさら

昔の自分の文章を否定はしたくないけど、まあ今とはスタンスがだいぶズレてたんで まあまあまあ…
ていうか、全く活動しないでブログばっかり書いてた一昨年くらいの記事とか、
きっと正視に耐えなかったんだろうな(笑)それこそはけ口にしてた感が強いから。
そういう意味では、サイトのリスタートはあながち間違いではなかったと思ってます。
俺の黒歴史的な意味で。
俺の精神衛生的な意味で。

ただ、自分の考えとか悶々してる部分を文字って媒体で発信できるのは、
ブログの利点だと思ってます。
実際、ブログ書かないしツクールしないし本読まないしの三重苦な期間長かったから、
最近もの作ってても、ただでさえ少ない語彙力の枯渇っぷりに泣かされてます。
言葉が出てこない、出てこない!
これが困るんだよなあ。テストプレイすると、こいつら何話してるんだろうって、
作者の自分でもたまに はてな?ってなるもん(笑)
それはきっと、語彙力の問題じゃない。センスの問題な気もする…!

ネットでは口語調で物書く癖ついてるから それでごまかしてるけど、
元々レベル的には 高校生水準に達してるか達してないかなんです、俺の文章って。
たまに友達の書いた論文とか読んでて、自分との格差に愕然とさせられる。
そんでも KnightNightなんかが支持を頂いてるのは 逆に上の口語調に助けられてるんだと思ってます。
ふつうに 普段友達と喋る感覚で文章を打ってるから、
読みやすさだけはあるんじゃないかなあと思います。自分で。勝手に。

今から語彙力を上げて、文章力も推敲してってやっちゃうと(やりたいけど!)、
そんでも高水準だなんてほど遠いし、自分の文章のウマみも消してしまう。
だから、最低限の語彙力を確保しつつ、自分の文体だけは崩さないでやってくのがきっと利点になる。
その練習台っつったら、アレですけども、ブログって凄く自分にとって大切な場になってきて。

喋る力と、物書く力は根本が一緒でも、引き出しが違う。
どっちかに寄っても崩れる俺なんで、どっちも人並み程度にがんばっていければなーって思います。
これからも ちょいちょいブログは更新していきたいなあと思ってます。
後で見返して、あ゛ーってなんない程度で(うええ)

☆★☆

今日も今日とて、コクーンクレイドルのおはなし。
本日もシステム関連のことを。
実際 これ系で書くことなくなったら 何書けばいいかわかんなくなりそう(笑)
メインイベントのスクショ張るのって、すっげえチョイス難しいし。
キャラ紹介あたりが、妥当なセンなんでしょうか。

さて、前回に引き続き、メインストーリーの外の作り込みについてです。

cc07.jpg
フィールドマップ。
やっぱRPGにはかかせませんよね!
道を歩く主人公(18歳)です。ぴっちぴちです。

次の目的地は お祭りの開かれている城下町。

cc08.jpg
到着しました!
うん、特筆することのない、ただの城下町と城です。
中に入れば フツーにイベント進行するんですが…

ちょっと待とう。
下にも 道があります。

cc09.jpg
村や!

看板によるアナウンスもあるんですが、ごくごく小さな小村を発見しました。
じつはこの村、ストーリーラインにはまったく存在しない村です。
つまり、一切立ち寄る必要はありません。

cc10.jpg

このように 寄らずにいけるが、寄るとなんか得した気分になるシーンというのを、
村という形だけでなく、様々用意しています。
たとえば寂れた洋館があって、寄ってみたらホラーなイベント起こった!みたいな。
そう 前回のサブイベントとつながってるわけですね。

ただサブイベントの発生する場って意味合いよりは、自分的には、
こういう世界には こんな場所もあって、こんな事件もあったって、世界観の膨らましとしにならんかと。
そういう、本当の意味での寄り道っていうのを、ゲーム上で出来たらと思って作ってます。
メインと違って制約がない分、作ってる身としても大分楽しいです。

実際、寄り道っつーくらいだから、一切のガイダンスなくして、
手探りで見つけたー!って方が たぶん楽しいんだろうなあとは思います。が。
制作者としてはアホみたいに時間割いて作ったイベントだから、なるべく見てほしいという、
妙な親心が働いてしまい、たぶん、不必要なくらいに親切になってると思う(笑)
ここはまあ、要調整ということで。

cc11.jpg
小粒な、変なイベントも発生します。

サブイベントが、ゲームの肝になればいいなって思ってる。
もうそれサブじゃない気もするんですが!(笑)

で、サブイベ作り終わってメイン戻ったときの温度差に驚愕するという。俺が。

☆★☆

キレートレモンの1リットル(だったかな)が近所の薬局で150円くらいで売ってて、
ビタミンスキーの自分としては逃す手はないと思い 最近の愛飲としています。
で、さっきトイレ行って用足したら、
まあキレートレモン飲んでるししゃあないよね、って前提を吹き飛ばすレベルで黄色かったんで、
もう俺はだめかもしれん。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kimuta327.blog99.fc2.com/tb.php/48-3dd628ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-10